相続放棄もできる?相続に悩んでいる方は解決策を得よう

相続の手続きは代行を活用!スムーズに事が進む

離婚の時に決めることとは?

夫婦が離婚する場合、子供の親権、養育費などをしっかり決めなければなりません。また離婚する前に購入した家がある場合、ローンも財産分与対象となります。さらに浮気やDVが離婚の原因なら慰謝料請求が可能かどうか、チェックしましょう。

相続放棄もできる?相続に悩んでいる方は解決策を得よう

説明

悩み別で対応

遺産整理が必要な場合は、司法書士が代わりに相続発生時の手続きや名義変更などを行ないます。また、相続人の数が多い場合は、別途で相談可能です。さらに面倒な不動産相続の手続きは、必要書類の収集や遺産分割協議書の作成も代わりにやってくれます。

女性

相続発生後にやっておくこと

話し合いを円滑に進めるためには、相続人を先に確定しておくことが大切です。あれば、遺言書の有無や有効性の確認もしてくださいね。放棄をする場合は、そのための手続きを三か月前に終わらせておきましょう。

計算

気になる相続順位

世田谷や千葉の事務所にも、相続順位についてよく質問が寄せられます。また、誰が遺産相続をするのかは一番の問題でしょう。配偶者は常に法廷相続人となりますし、その子供も対象となります。もし相続人に子供がいない場合は、親や祖父母が対象となるので、相続順も状況によってばらつきがあります。

どこに相談すべき?弁護士と司法書士を比較!

弁護士

相続だけでなくあらゆる問題を取り扱う法律のエキスパート的な存在です。仮に裁判沙汰になった場合は、地方裁判所高等裁判所の代理権があるため、当事者に代わって交渉することも可能です。

司法書士

司法書士は土地や建物の売買、または財産分与や、相続などを仕事としています。また、相続の影響で不動産の所有者が変更になった場合は、所有権移転登記が必須です。この手続きは、登記の専門家なので不動産を相続する上で欠かせない存在となります。

広告募集中