風営許可申請の種類を知って正しく手続きを行なおう

自分が営業したいお店は風営許可申請が必要?気になる答えとは

離婚の時に決めることとは?

夫婦が離婚する場合、子供の親権、養育費などをしっかり決めなければなりません。また離婚する前に購入した家がある場合、ローンも財産分与対象となります。さらに浮気やDVが離婚の原因なら慰謝料請求が可能かどうか、チェックしましょう。

風営許可申請の種類を知って正しく手続きを行なおう

相談

風営許可申請が必要なケース

キャバクラ、スナック、パブなど女性がお客さんを接待するお店の場合は一号許可の申請が必要です。また、カップル喫茶といった照度が低めのお店も風営許可申請をしましょう。この場合は、2号許可になります。ちなみに漫画やパソコンができる漫画喫茶も3号許可が必須です。これを無視すると違法営業とみなされます。他にも麻雀やパチンコ店は4号許可を、ゲームセンターは5号許可の申請が必要なので忘れないようにしましょう。

弁護士

知っておきたい依頼の流れ

風営法についての疑問や質問がある場合は、電話やメールにて相談可能です。希望があれば、面談にて話を聞くこともできます。打ち合わせでは風営許可申請に必要なこと、必要な書類、手続きの仕方といった細かい話をしていきます。申請に必要な書類を集めたら、店舗の測量を行ない、図面の作成に移ります。ここまで終了したら、実地調査をして、許可を取得します。これが風営許可申請の一連の流れです。ちなみに申請する際は、横浜で活躍中の社労士や行政書士がお手伝いをするので知識がなくても問題ありません。

相談

経営を安定させるためのポイント

社労士の主な役割は、従業員の給与計算、労働保険や社会保険の手続き、人事制度の構築、採用コンサルティングなどです。横浜で活躍中の社労士は、コンサルティング経験が多いので、労働問題の解決に全力を注ぎます。風営許可申請の後は、軌道に乗るまで不可欠な存在といえるでしょう。

風営許可申請に必要な書類

  • 営業方針を記した書類
  • 営業所の平面図
  • 住民票の写し
  • 身分証明書
  • 法務局の申請書
  • 誠実に業務を行なう旨の誓約書
  • 登記簿の謄本

広告募集中