交通事故が発生した場合はプロの弁護士への相談が適切!

交通事故が発生した場合や弁護士が必要になるケース

離婚の時に決めることとは?

夫婦が離婚する場合、子供の親権、養育費などをしっかり決めなければなりません。また離婚する前に購入した家がある場合、ローンも財産分与対象となります。さらに浮気やDVが離婚の原因なら慰謝料請求が可能かどうか、チェックしましょう。

交通事故が起きやすい時間帯

車、バイク、自転車に乗っている人は皆運転に細心の注意を払わないといけません。また、事故を防ぐには交通事故発生率が高い時間を知ることが重要です。特に16時から夜20時は、最も事故が発生しやすい時間帯です。

交通事故が発生した場合にやること

  • 警察への通報
  • 負傷者の救護
  • 社会保険へ通知する

交通事故が発生した場合はプロの弁護士への相談が適切!

事故車

被害者になった場合は損害賠償金の請求を!

大阪で交通事故の被害者になった場合、相手の保険会社が親切丁寧に対応してくれるかどうかはわかりません。また、保険会社の場合支払う金額を最小限に抑えることもあるため、正当な金額を請求できる可能性が低くなります。損害賠償の計算方法は一つではなく複数あるので、損害賠償請求に詳しい弁護士に話を聞くべきです。

交通事故後の対応方法

事故で怪我を負った場合、医療機関で治療をし、自身の過失割合を把握します。また自身が被害者の場合は、人身傷害保険が適用されることもあります。証拠収集に関しては警察に対応してもらいましょう。

損害賠償請求の注意点

一般的に、怪我の治療が終了した段階で損害賠償の話しがなされます。この場合、示談に持ち込むケースもあるでしょう。死亡事故の場合は、遺族の気持ちが落ち着いてから始めるため、交通事故発生から一か月後を期限とし、示談交渉を開始します。ただ損害賠償請求の場合、有効期限が3年なので消滅する前に早めの行動が肝心です。

請求できるもの

事故で負った怪我の治療、通院費、入院費は損害賠償請求で可能です。死亡した場合は葬儀費や慰謝料も加わります。交通事故の大半が90%以上示談で解決していますが、状況がゴタゴタしている際は民事調停、あるいは民事控訴という形で解決することもできます。

弁護士へ相談をした人の声

お世話になりました

大阪で交通事故に遭い、三か月入院しました。その間相手の保険会社が対応しましたが親切とはいえず・・・。収集がつかない中で信頼できる弁護士さんに相談をしました。交通事故案件を多く扱った経験豊富な方だったので、スムーズに解決できました。ありがとうございます。

広告募集中