離婚の慰謝料に関する知識を頭に叩き込もう

離婚の時に決めることとは?

夫婦が離婚する場合、子供の親権、養育費などをしっかり決めなければなりません。また離婚する前に購入した家がある場合、ローンも財産分与対象となります。さらに浮気やDVが離婚の原因なら慰謝料請求が可能かどうか、チェックしましょう。

慰謝料には意外な落とし穴がある?離婚を考えている人は注意

弁護士

慰謝料の相場について

不貞行為、またはDVが原因の離婚は相手に精神的なダメージを与えたとして、慰謝料を請求をすることができます。相場としては、50万円から600万円ほどで、相手が反省の色を見せた場合減額されるケースもあります。一方不貞行為の場合は、100万円~400万円が妥当でしょう。ただこちらもケースバイケースなので、不貞行為の度合いで金額に差が出てきます。

相談

ケース別でみる慰謝料

慰謝料請求したいにも関わらず、相手に収入がない場合ほとんどが泣き寝入りとなってしまいます。しかし自身が辛い目にあったわけなので、慰謝料請求はするに越したことはありません。慰謝料の支払いを約束したにも関わらず守られていない場合は、強制執行の手続きで支払わせることもできます。この方法を使えば泣き寝入りせずに済むでしょう。

ジャッジガベル

意外と知られていない落とし穴

慰謝料請求ができたとしても、あまりに金額が大きい場合は、課税対象になる可能性があります。これは例外に過ぎませんが、損失を補填するという意味で支払われるため、慰謝料の場合はほとんど非課税対象となります。しかし、課税対象になった例もありますから、大阪の弁護士に話を聞くことも視野に入れましょう。

慰謝料請求したいなら必見!

[PR]
労働状況を横浜の社労士事務所に相談
トラブルを即座に解決☆

慰謝料請求で失敗する原因

浮気やDVなどの理由で慰謝料請求ができても、契約書のサインを書かせていなければ請求もできません。また、浮気相手の職場や自宅に押し掛けたり、嫌がらせをしたりすると、取れるはずの慰謝料が取れなくなってしまいます。慰謝料請求を決めたなら、騒動が収まるまで冷静さを保つことが必要です。

失敗例に習う

慰謝料請求に失敗しないためのポイントは、いい事例だけでなく、失敗事例も参考にすることが大切です。また焦りも禁物でしょう。

B型肝炎の給付金について掲載?

[PR]
離婚や慰謝料の悩みを相談
夫婦間の話し合いをスムーズに進めよう

[PR]
江戸川で税理士事務所を利用しよう
税金の悩みをラクラク解消

[PR]
大阪で好評な交通事故専門の弁護士事務所
トラブルをスピード解決☆

大阪の税理士事務所に相談

[PR]
世田谷で相続トラブルを解消
税理士事務所に即相談☆

風営許可申請をプロに依頼 弁護士事務所を大阪で利用したいなら注目!

広告募集中